アダルトチルドレン

居心地のいい家、普通の家族が分からない~アダルトチルドレンの悩みとは

居心地のいい家、普通の家族がわからない

こんにちは!

東京市ヶ谷のカウンセリング&コーチングサロン『エムズルーム』

アダルトチルドレン克服・親子関係心理カウンセラーの三浦くみ子です。

 

アダルトチルドレンの方に多い、子育ての悩みをご紹介します。

気付かないうちに親と同じになっていた私

「自分が育ってきた環境が悪いのはわかっているんです。」

「それによって、自分はつらいことをたくさん経験したし、今でも心が傷ついているんです。」

 

だから、わが子を育てる時には、違うやり方をしたい。

絶対に、自分の親と同じように、怒鳴ったり、叩いたり、無視したりしない。

 

と思って、頑張ってきたのに、

私がされてきたこと(イヤだと思っていた親と同じこと)を我が子にやってる自分がいました。
無意識にやってしまっていた自分にショックを受け、本当に落ち込みました。

私は、違う子育てをしたいと思って、たくさん調べながら頑張ってきたのに。

だけど、困ったことに

「そうではない子育ての方法」
「そうではない家族のかたち」

これが分からなかったのです。

夫に聞いても、なんかそれも違う感じがする。

子どもが居心地が良くて、
自分も居心地がいい家族の空間って、
どうしたらいいんだろう?

穏やかに過ごせて、みんなが笑ってて、
楽しい言葉が飛び交っていて

そんな家族風景なんだと思うけれど、
実際に何を話してるのだろう?
何をすればそうなるのだろう?

本当にそんな家族あるの?

 

アダルトチルドレン方の多くが
「家族の正解が分からない」という悩みを抱えています。

 

本当の「居心地のいい空間」を味わってみましょう

居心地のいい空間が分からないのですから、

まずは「自分が認められる、居心地のいい空間」というのを体験する必要があります。

居心地の良さを経験するからこそ、家族にやってあげることができるようになるのです。

居心地のよい場所で、
「昔できなかったこと」「本当はやりたかったこと」「閉じ込めていた気持ち」を聞いてもらいましょう。

 

本当に居心地のいい空間とは、

あなたが何を言っても怒られない場所です。

誰からも否定されない場所です。

相手の反応や顔色を気にしなくてもいい場所です。

 

心地よさを心から味わってみましょう。

そうすると、
「してあげたい!」と思うことが見つかって、

やってあげることが出来るようになります。

『子どものため』の前に、
まず自分を癒やすことが大切というのは
こういうことなんです。

 

「やってあげたい と頭では分かるけど出来ない。」
「なにをやってあげたらいいのかわからない。」

 

「分からない」ことは、これから知ればいいのです。

「普通の家族」が分からなかった方も、自分流の「新しい家族のかたち」を見つけていらっしゃいます。

自分の子どもの頃とは全く違う「家族の会話」ができるようになっています。

 

私とのカウンセリングで、「心地よい空間」を心から味わってください。

 

一緒にご自分のアダルトチルドレンを癒やすことから始める方が、

根本的に変わって色々できるようになります。

 

エムズルーム代表

アダルトチルドレン克服、親子関係専門心理カウンセラー
三浦くみ子

 

 

-アダルトチルドレン

© 2021 株式会社エムズNEXT