HotTopics アダルトチルドレン

アダルトチルドレンとは?なぜアダルトチルドレンになってしまうのか、その要因と克服について

アダルトチルドレンはあなたの「戦略」

「アダルトチルドレン」という言葉を知っていますか?

子どもっぽいおとな?

おとなっぽい子ども?

そういうことでは ありません。

参考

アダルトチルドレンとは
「6歳ごろまでに親の言葉・行動・雰囲気を見て自分で作った、その家庭でうまく生きていくための知恵と、それらによって作られた心理的外傷(トラウマ)を持っている状態」のことである。

家庭内に対立や不法行為、虐待(身体的・性的・心理的・経済的・ネグレクト等)が恒常的に存在する家庭だけでなく、どの家でも起こりうることで、さまざまな不適切養育によっても起こる状態。幼児決断によるものなので、思い込みの場合もある。

-・-・-・-・-

そしてアダルトチルドレンは、大人になって結婚してから、または子どもを産んでから、その影響が自分と 子どもの関係に出てしまい、辛い毎日を送ることになることがある。

つまりアダルトチルドレンは大人になり、原家族(実家)から離れてから問題となることが多い。

アダルトチルドレンとは医学的な言葉ではなく一般的な呼称である。

”日本メンタルコーチング学院『ファミリーコーチングNLP講座』テキストより引用”

アダルトチルドレンとは(補足)

胎児期~6歳くらいまでの乳幼児期に、

自分の生活環境(親、兄弟、同居の親族)の中で、自分の安全を確保するために身につけた生き方によって、

自分の本当の気持ちを押し殺し、子どもらしく無邪気でいられなかった経験をもって大きくなった人。

言うなれば、過去の「サバイバル戦略」を今も使い続けている人とも言えます。

アダルトチルドレンとは、病気でも障害でもありません。

そして、

お医者様に行ったら治るものではなく、
有効な薬があるわけでもありません。

それでも
自分の人生を揺るがすような事柄を起こす、大きな原因の一つになってしまいます。

 

そして、

アダルトチルドレンの症状は心理療法によって治すことができます。

 

さきにお伝えしておきたいことがあります。

多くの場合、幼少期に身につけた「サバイバル戦略」が、日常生活を送る際に、そこそこ役に立つことがあります。

優しい人、親切な人、楽しい人、というような好印象をもたれることになったりするので、あなたの今までの生き方(サバイバル戦略)を手放さないといけない、と言っているのではありません。

 

例えば)相手の気持ちを推し量り、その場に合った役を演じきるスキルは、大人の世界では重宝だったりします。

 

問題なのは、

「自分の本当の気持ちを押し殺し、子どもらしく無邪気でいられなかった」という過去なのです。

つまり
自分の意に添わないことを「戦略として」やっているうちに、しだいに自分の意思が分からなくなってしまった。という状況から抜け出す必要があるのです。

 

このような経験をしてきた方は、

「本当にあなたは、そうしたいのですか?」

と聞くと、

「え?そうするのが当たり前でしょ?」

そんな答えが返ってきたりします。

 

これ、かみ合っていないの分かりますか?

「自分の意思」を聞かれているのに、「理論」で返してしまっているのです。

 

そう、自分の人生を揺るがす事柄とは、自分の意思よりも周りの意思を尊重して生きてきている事で起きます。

大切な人生の岐路において、「自分は本当はどうしたいのか?」が分からなかったり、「こうすることがいいんだ!」と理性で割り切ったり、ある意味人任せにしてしまう。

そうすることで、あとあと後悔する、ということが起きがちなのです。

 

アダルトチルドレンではない人の生き方

では、アダルトチルドレンではない人とはどんな人でしょうか?

それは「大切な人生の岐路においてどうするか?」という岐路に立った時に、

親が親の意見を言ってきても、「自分のやりたい!」を貫くことにそんなに努力はいらない人です。

そして、

  • 親の意見を参考程度に聞くことが出来る。
  • 自分の意思を貫いたら、親に迷惑がかかるという発想がない。
  • 自分の考えを言うことに、まず躊躇しない。
  • 人のことばで傷つきにくい。(自己肯定感が高い)
  • 人に対して、訳の分からない怖さを感じることが無い。
  • 自分の意思や意見は大事なものだ、という認識がある。
  • 自分に自信がある。

元々アダルトチルドレンではない人、またアダルトチルドレンから抜け出した方は、こういう思いを抱く自分に気付けるかもしれません。

 

生まれた順番も、きょうだい関係も、
家族構成も関係する

人間は社会性を持つ高等動物です。

ですので、周りに合わせて戦略を練るというのは当然のことで、それをしなければ仲間から外されてしまうかもしれない、と本人が思うのは、0~6歳の子どもにとっては「生命の危機」です。

なので、アダルトチルドレンとは、あなたが賢くて、「サバイバル戦略として最高のものを選んだ私」であるという証拠でもあるのです。

 

幼少期の自分に、「ありがとう!生き延びてくれて!」と感謝をしたいものです。

 

あなたのサバイバル戦略は、
自分が生まれた順番きょうだい関係によっても決まってくることもあるし、途中から下の子が生まれた場合、戦略を変更する場合もあります。

また祖父母、親の兄弟、など大家族も関係することがあります。

一番強く影響を受けるのは自分の両親ですが、他の家族の言葉や態度の影響は少なくないものです。

 

主たる養育者である母親に、父親に言われる。また同居の親族から言われる。

しかも、当然のことのように、親切に、温かみをもって
「あなたのために教えてあげてるのよー」の空気で。そうすると
あなたはサバイバル戦略を動かすエンジンを積んでいくのです。

 

傷の大きさ・深さは、人によって違う。

一概には言えませんが、比較的、長男・長女の傷が大きく深いことが多くあります。

また持って生まれた気質的に温厚な人の方が、自分の言いたいことや考えていることを言う代わりに、サバイバル戦略を取りやすいです。

性格は、あとからこの環境によって作るものなので、この場合のポイントはもともと持って生まれる気質の部分の話です。

 

また、もちろん次男・次女でもアダルトチルドレンの方もいます。

長男長女がケアテイカーという配置についた場合、親二人とその長男長女の3人にいつも色々言われるようになり、自分も何かしらの戦略を取るようになる。生き延びるために、です。

 

こうして、家族という一番最初に出会う「社会集団」で、適応するように方策を練ったものによって、自分を抑えたり消し去ったりすることが習慣化すると、違う本当の社会でもその戦法を使おうとするが、なかなか当てはまらずに苦労することも多いわけです。

また、自分の人生を歩いているうちに、なんか違う、あれ?言われていた幸せなんて、ないぞ?と気づいたり、もっとすると、うつ病や統合失調症を招いたりしてしまうことにもなります。

 

あなたはいかがですか?
そういわれると、私もアダルトチルドレンかも・・・

もしそう思われたら、その時が変わり時です。

なぜなら、渦中の時は、それに気づくことは出来ないからです。

気付いてしまったら、やるのが辛くなりますものね。

 

もし気付いたとしたら、もうその戦略を手放してよい時期になったということです。

そして、自分の意思をしっかりと持って、
自分の意思を出して、
毎日を自分軸で生きる!

これを目指しませんか?お手伝いします!

 

エムズルーム代表
三浦 くみ子

 

LINE公式アカウントやってます!

三浦くみ子が学院長をつとめる心理スクール
日本メンタルコーチング学院の「公式LINEアカウント」をやってます!

友達登録して、あなたからのメッセージをお待ちしております。

この記事に関する質問もOKです(*^-^*)

友だち追加

 

-HotTopics, アダルトチルドレン

© 2021 株式会社エムズNEXT